あなたの長年のお悩みの原因は口の中にあるかもしれません。歯科の詰め物による金属アレルギー噛み合わせ異常 香川県 高松市 愛媛県 徳島県 高知県 四国で唯一の噛み合わせ専門歯科医院です。

総合病院の先生に「すぐに処置しないと死にますよ」と言われました。まさか原因が口の中にあったなんて・・・

総合病院の先生に「すぐに処置しないと死にますよ」と言われました。まさか原因が口の中にあったなんて・・・

 

DSC_4239.jpg

 

壮絶な体験をされた患者さん(椢原宏紀様)です。

 

 

「まさか、親しらずが原因だったとは」

「まさか、こんな大変なことになるとは」

 

他人事ではない、親知らずのお話です。

 

椢原さんはある朝突然、口が開かなくなりました。

前日の夜中、少し痛いなあという違和感を少し感じていました。

背中、や肩がパンパンになるような痛みも伴っています。

 

 

「最近忙しかったから、疲れかなあ・・・」

と、その時はそこまで深刻ではありませんでした。

 

しかし、だんだん時が過ぎるにつれ

口はさらに開かなくなり

水を飲むことさえ、できなくなりました。

 

口が開かないので、おちょぼくちのようにして

少しずつ水分を取りました。

 

 

家族や知人から

それは「脳の方からきているんじゃないか?」と言われ

最初は脳神経外科を受診しました。

 

しかし、所見の結果

これは脳神経外科の範疇ではない

と診断されました。

 

 

そこから、

耳鼻科を受診しました。

 

口からファイバースコープをいれ

喉を確認したところ

大きく炎症を起こし腫れ上がっていました。

 

 

その時には、もうほとんど水も飲めないほど

 

耳鼻科から「これは大きな病院へ紹介します」

ということになり

総合病院を受診

 

総合病院の耳鼻科の先生は

診断をした後、椢原さんにこう言ったそうです。

 

このままほっておくと、死にますよ」

 

そんな大変なことになっているなんて・・・・

まさか、という気持ちです。

 

その後即、椢原さんは入院。

24時間の点滴。

抗生剤を飲むのですが、食事もほとんどしていない状態で

きつい薬を飲んだため

ひどい嘔吐に苦しみました。

 

 

5日間の入院中に詳しい検査をおこなったところ

総合病院の耳鼻科の先生は

「この感染源は、歯にあるかもしれない」

と歯科への受診をすすめられました。

 

 

そこで5年前から受診していた私共の吉本歯科医院へ

お越しになられたんです。

当院院長がお口の状況を診察し

結果は「親知らずが原因になって症状が引き起こされている」

ということでした。

 

 

その時の総合病院耳鼻科の先生からの診療情報提供書には

こう、ありました。

 

傷病名:左顎部蜂窩織炎(歯原性疑い)

:喉頭浮腫

 

経過:左顎下部とのどの腫れあり。

飲食できない。

左顎下部腫脹、左軟口蓋、舌根部、両披裂部の浮腫あり

強い炎症反応あり

造影CTでは左顎部~咽頭の蜂窩織炎が疑われた。

入院し、点滴。

ネプライザーにて軽快。

 

感染源として左歯

 

つまり、親知らずが感染原因となり、上記のような症状にまで達してしまった

ということです。

 

 

その後、椢原さんは親知らずを無事に抜歯。

ほんとう

今では、炎症も腫れもおちつき、日常生活に戻られています。

 

 

椢原さんにお話をうかがった時

まず最初におっしゃったのが

まさか、親知らずがこんなことになるとは・・」

ということでした。

 

 

5年前に吉本歯科医院を別の主訴で来院された時に

たしか、親知らずは危険ですよ、抜いて下さいね

ということを言われた記憶は少しは残っていたのですが

まさか、自分に限っては大丈夫だろう、と思っていたとのことです。

 

 

「おかげさまで、本当にありがとうございました」

とニッコリ笑って下さった椢原さんですが

大事に至らなくて本当に良かったと思います。

 

吉本歯科医院では、院長吉本彰夫は患者さんに

100%親知らずの抜歯をおすすめしております。

その理由は、こちらです。

http://www.8181118.com/oyashirazu/

 

 

 

 

吉本歯科医院に虫歯治療でいったのに

親知らずを抜いて下さいと言われた

とか

吉本歯科医院に前歯をきれいにセラミックにしたいと審美歯科の相談にいったら

まずは親知らずを抜いて下さいと言われた

 

 

こういう患者さん実際にたくさんいらっしゃいます。

いや、ほとんどの患者さんにお伝えしていると、思います。

 

 

親知らずが悪さをするのは

健康な歯をぐいぐい動かし噛み合わせを悪くしていく

という理由もあります。

そして今回の椢原さんのように

親知らず部分に細菌が感染し、炎症を起こし、喉や気管までを

ふさぐほどになってしまう、ということもあるのです。

 

 

椢原さんのようなケースは決して珍しいことでは、ありません。

他人事では、ないのです。

 

 

口の中はそこから全身へと繋がっています。

そして一番細菌感染しやすい部分です。

 

 

今回、快くお話をお聞かせ下さった椢原さんです。

どうぞお一人でも多くの方が、親知らずを抜かずに放置しておくことの

危険性を知って頂きたいのです。

 

 

他人事では、ありません。

 

 

親知らずって抜いたほうがいいんですか?

http://www.youtube.com/watch?v=CrTvHSGAZxo&nofeather=True

 

完全予約制 ご予約はお電話でお願い致します TEL 087-818-1118 受付時間 9:15 - 18:00 (水曜日午後・日祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.