あなたの長年のお悩みの原因は口の中にあるかもしれません。歯科の詰め物による金属アレルギー噛み合わせ異常 香川県 高松市 愛媛県 徳島県 高知県 四国で唯一の噛み合わせ専門歯科医院です。

顎が左右に楽に動くようになった 松村繁樹様

顎が左右に楽に動くようになった 松村繁樹様

matsumurasama.jpg

患者さんをご紹介しますね。
松村繁樹様、です。
素敵な奥様とご一緒にお越し下さいました。
松村さんは定期的な検診でした。
2年前、別の歯医者さんで検診をお受けになった時
お口の中のレントゲンを撮影しました。
親知らずが埋まっていることがわかりましたが
特に問題はない、という診断を受けました。
しかし、今回吉本歯科医院での診断は
親知らずが健康な歯を押して前歯が前に飛び出してきている
とのことでした。
mpanorama.jpg
これは松村さんのパノラマレントゲン写真です。
左下の一番奥に横になって埋まっている歯が見えます。
これが、「親知らず」です。
歯茎の中に埋まっています。
痛い
しみる
などの自覚症状は一切ありませんでした。
さあ、次は親知らず部分の拡大したレントゲン写真を見てみましょう。
mgazou1.jpg
一番左に見える歯が親知らずです。
親知らずのお隣の健康な歯をぐいぐい押しています。
歯の根っこまで、ぐいぐいと。
また親知らずと健康な歯がぶつかっている部分を見てください。
少し黒くなりかけています。
このまま置いておくと虫歯になってしまいます。
さあ、この親知らずが、健康の歯をぐいぐいと押し
その力でもって、松村さんの下の前歯を崩しにかかっています。
親知らずの力はものすごい
健康な歯並びをドミノ倒しのように崩していくのです。
松村さんは、下の親知らずを抜歯しました。
歯茎に埋まっている親知らずをわざわざ抜歯しました。
自覚症状もないのに
です。
医科にも内科や外科や皮膚科や耳鼻咽喉科や循環器の
専門が違うように
歯科においても、専門があるのです。
専門が違えば
診断は変わります。
診断が変わればその後の治療は、まったく違うものになります。
吉本歯科医院の吉本彰夫は補綴(ほてつ)の専門です。
つまり、噛み合わせの専門です。
噛み合わせの専門の歯科医なので
噛み合わせを悪くする原因となるものの存在が何か、ということが
わかるのです。
松村さんは、
親知らずを抜いた後、こうおっしゃられました。
「顎が左右に楽に動くようになった」
今まで、親知らずによって硬くロックされていたものが
親知らずを取り除いたことにより
左右自在に動くようになりました。
親知らずを抜いたことにより
■顎がだるいのが消えた
■頭痛がしなくなった
■首の痛みが消えた
■朝まで眠れるようになった
など、いろいろな報告を患者さんから受けています。
顎が自在に動くことができる
これが噛み合わせのバランスを取る上で
とても重要なことなんだと、私達の医院では
院長はいつも患者さんにお話させて頂いています。
お話をうかがっている間中、ニコニコと優しい松村さんです。
ここに連れてきてくれた奥さまのことを
「明るくあったかいひまわりのような人」ですね、と言うと
「そうなんですよ」と嬉しそうにニコリ。
仲良し夫婦は、雰囲気までそっくりです。
今度はご夫婦で登場していただくことにしましょう。
matsumurasama2.jpg
松村繁樹さんのお話は、新年1月号ニュースレターでも詳しくご紹介しますね。

完全予約制 ご予約はお電話でお願い致します TEL 087-818-1118 受付時間 9:15 - 18:00 (水曜日午後・日祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.